84744A82-C5C8-48F6-B278-2C626D205431

旅の宿

この夏も素敵なところへ旅してきました。

旅にまつわるお話は、過去にも何度か書いたことがありますが、今回は旅の宿泊先にスポットを当てて。

去年のニューヨーク旅では、サブレット式と呼ばれる宿に泊まりましたが、ヨーロッパを中心にいろいろな国を巡っていた時には、ユースホステルやゲストハウスを多く利用していました。

B9EA3E61-9C14-4339-AD01-8CCAD5D736B8

ニューヨークのホテルは世界の中でも高い方だと聞きますが、ヨーロッパは割と良心的な価格の宿も多くて(国にもよりますが)、ドミトリーだと一泊2ユーロなんていう、怪しいほどに破格なところに泊まったこともあります。笑

ホステルやゲストハウスを選ぶ理由としては、やっぱりコストを最大限に抑えたいからというのが一番ですが、いろんな国からの旅人と気軽に交流や情報交換ができるというのもまた醍醐味。楽しい出会いや経験もたくさんありました。

そんなわけで、国内旅の時も今でも、こういった宿を利用することが時々あります。

日本のゲストハウスといえば、少し前までは古民家を改装したようなタイプが多いイメージでしたが、最近はおしゃれな雰囲気のところも多く、宿選びも旅のひとつの楽しみに◎

EC6B96B9-DEA8-4783-9F50-8C8A4FEFB0B8

外国人観光客がとても多い、東京や京都。

おしゃれゲストハウスの先駆け(だと個人的に思っている)のNuiやLen.

どちらもラウンジのみ利用したことはあるのですがまだ宿泊したことはないので、いつか泊まってみたいお宿です。

数年前に高野山で泊まったのも、おもしろいデザインのゲストハウスで、カプセルタイプの小さな個室がとても居心地の良い空間でした。

CB7A56BE-CB51-47AA-B2B2-2F5270E253E8

そして今回の夏旅で訪れた福岡では、BOOK AND BEDという宿に泊まりました。

3672D281-21D6-4D65-A9DC-4DE1B2BDEA15

東京と京都と、最近新たに福岡に出来た、「泊まれる本屋」がコンセプトの宿。

落ち着いた照明の施設内には、本がずらり。
850A81B2-E2F8-4C08-9F5B-B1DE3860D89E

本棚の一画が、人ひとりが寝られるくらいのカプセルタイプの部屋になっていて、押入れで寝ているドラえもんのような気分で、思い思いの時間を過ごせます。

私たちが泊まったのは、2人でも使える少し大きめのBUNK.

E3B7C0F7-4AA5-4941-B9E9-867CAD84B86E

秘密基地のような雰囲気で居心地もかなり良かったです。

多少、他の宿泊客の気配は感じますが、耳栓をすればかなりぐっすり眠れました。

共有スペースも、ごろごろできるソファや小さなテーブルがいたるところにあるので、コーヒーやお酒を飲みながら、ゆっくり読書に没頭できます。
ACE8BA37-A0E0-43D7-8A64-648D9B5932F5

私は普段、小説などはあまり読まないのですが、ここは本のジャンルも広く、小説や雑誌だけでなく、ちょっとマニアックなカルチャー誌、アートブックや写真集、漫画などなど、好きなタイプの本も多かったです。

洋書も少しありましたが、圧倒的に和書が多いので、ゲストも日本人の方が多いかな?と思っていたのですが、意外に海外からの方も多かったです。

ちょっとした海外交流もでき、かつて旅して回っていた頃のような懐かしい気持ちになりました。

リッチでオシャレなホテルで優雅に過ごすバカンスにもやっぱり憧れますが笑、こちらの方がわたし自身の身の丈にとてもあっている気がします。

意外と居心地も良く、スタッフの方や他の宿泊客の人との交流も楽しく、なによりコスパが最高に良いゲストハウスはとてもオススメです。